×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

La Corda D'Oro Series  THE TSUKIMORIN Omake
金色のコルダシリーズ・月森×香穂子ギャグ。下ほど最新。画像にマウスを載せるとオマケ会話や壁紙有(一部除く)。
コルダSS1SS2の月森×香穂子設定引継の番外編。blog掲載したSSなので、時事ネタやパラレル要素を含みます。


「以前はタマネギの被り物をして走ってたけど、
 あれもリリのアイテムだったのかな」
「あー懐かしいなー。春のコンクールの時だよね。
 柚木も見た? 面白かったよねアレ!」
※画像クリックでアニメ塗りver壁紙
【ある日の火原と柚木の会話】コルダ2期間
「あ、日野ちゃんが走ってる。月森くん探してるのかな」
「ふふ、相変わらず彼女は元気がいいね。…おや、なんだい、あの古風なリボンは」
「あれね、月森くんが巻いてあげたんだよ。リリのアイテムなんだって。
 最初は月森くんがあのリボンで何故かぐるぐる巻きにされちゃってて、
 その後、正座で日野ちゃんに説教してるトコ見た」
「……………。そう。」
「そういえば、この間は加地くんが体中にメタルアームレットくっつけて大変だったんだ。柚木知ってる?」
「いや。でもそれ、絶対日野さんが犯人だと思うよ」
「あっはは、そうだよね。その前は寝てる志水くんの髪にこっそり赤い糸を結んでるの見たし!」
「…彼女は、僕たちをどうしたいんだろう。
 一緒に練習してるだけで何故か彼女に惹かれる自分が、時々怖くなるよ」


「留学しても、私のこと忘れちゃ嫌だよ」
「君は、俺の恋人だろう。
それに、君ほどインパクトのある人物はそうそう忘れない」
「……うん。でも、一人は寂しいよ?」
「そうだな。だが、まだ時間はある。
 アンコールで残りの時間を満喫しよう」
「にゃー」
※画像クリックでアニメ塗りver壁紙
【金色のコルダ2アンコール発売日】9/20
「じゃーん。月森くん、金色のコルダ2アンコール発売日だよ〜」
「…今日だったのか」
「恋人状態でスタートだよ〜。きっとラブラブだよ? 甘酸っぱい交際期間だよ? わくわく」
「…その代わり、俺は二股されたり、その結果、破局するのかもしれないが?」
「………。別れないもん」
「いや、香穂子。ここは『二股なんてしない』と答えるところだ(汗)」
「にゃーん?」
「ところで、その猫は?」
「タビさん。仲良くなって、さっき楽譜くれたのー。えーと、『ルスランとリュドミラ序曲』だって」
「…君が『猫から楽譜を貰った』という時点で力いっぱいツッコミたいのだが…、まぁいい。
 君にこの曲はまだ無理だ。技術レベルが足りない」
「…頑張るもん」
「にゃあ」


「月森くん、お菓子くれなきゃ悪戯するぞ〜!!」
「…悪戯なら、この羽根頭で充分だろう!
 菓子なら、リリからミントチョコでも貰えばいい。
 そもそも君は彩華ばかりで清麗が足りない」
「結局ハロウィンでもそっちいくんだね月森くん…」
【ハロウィン】10/31
「月森くん、とりっく・おあ・とりーと!!」
「ああ、ハロウィンか…。君らしいな」
「え、何が?」
「ここで、魔女や吸血鬼の仮装ではなく、カボチャの被り物を選ぶあたりが」
「………。」
「はい。月森くんも羽根つけて仮装しよ? ぷすッとね」
「痛。刺さないでくれ! …なんだ、このカボチャ猫は」
「タマさん。この狭さが堪らなく落ち着くんだって」
「にゃんにゃんにゃん♪」
「……………では、その浮遊している白いハンカチは?」
「もちろんリリだよ」
「日野香穂子ー! 何も見えないのだー!」

【月森が転びました】元ネタ・アンコールデート
「つ、月森くん、転びそうな時は手をつかなきゃ。
 指を大事にしたい気持ちはわかるけど、ヴァイオリンが弾けなくなる以前に、死ぬよ?」
「………。たった今、自分の愚かさを実感したところだ」

※左の画像にマウスを載せてね!!
「つ、つ、つつつつ月森くん…!!??」
「言いたいことは分かってる…。分かってるんだが…、
 やはり、手を傷めてヴァイオリンが弾けなくなるぐらいなら、死んだほうがマシだ!
「あわわ、言い切った!
 …じゃあ、私はヴァイオリンより月森くんが大切だから、また月森くんが転んだら、頑張って滑り込んで助けるよ〜」
「香穂子……!!
 いや、君の手はヴァイオリンを弾く手だろう。だから、どうか君もその体を大切にしてほしい」
「月森くん……!!」

「……そこのバカップル。何か違うだろ? (´Д`lll)」←ツッコミ土浦


「思うに、最終話の森さん自転車襲撃事件は
 実は庄司さんが裏で手を引いていたと思うの」
「君はどれだけ庄司さんを腹黒キャラにする気だ?」
※画像クリックで壁紙
【金色のコルダ 〜primo passo〜】アニメDVD
「じゃーん! 月森くん、見て見て〜、アニメ版制服!!」
「……そうか」
「月森くん、反応悪い〜」
「ジャケットの色が黒くなっただけだろう。
 …それにしても、アニメ版の君は普通の女の子なんだな。ここにいる君と違って」
「うふふ、そういう月森くんだって、アニメじゃもみあげ凄いよね。くるんって」
「………(怒)。」
「………(怒)。」
「9巻特典の『ひと夏のアンコール』も見たよ〜」
「ああ、本当に君は、会う人会う人に節操無くときめいて…しかも俺以外に」
「月森くんも柚木先輩みたく、素直に私の為に弾いてくれればよかったんだよ。
 それより月森くん、イルカマスターって呼んでもいい?」

「月森くん伝説にまた1ページ刻まれたね〜」


「…ところで、なぜ俺達はまたアニメカラーなんだろうか」
「こっちの方がウケが良かったんだって〜」
「…ウケ?」
※画像クリックで壁紙
【金色のコルダ2 メモリアルブック】コルダ2設定資料
「月森くん、コルダ2のメモリアルブック買ってきたよ〜」
「設定資料か」
「見て見て、加地君の癖、“ポエム脳になる”だって」
「ポエム脳…あれはポエム脳というのか…」
「いいなぁポエム脳…」
「ポエム脳がっ?!」
「月森くん、ずっと前から思ってたけど、プロフィールの家族構成に
 父方の祖母(ヴァイオリニスト)と、母方の祖父(指揮者)が抜けてる」
「!!!!!」


「あ…先輩方…おはようございます…」
「志水くんもおはよー」「おはよう」「お、おう」
「あ…パンダ…。……。おいしそう…」
「食べるの!?」Σ(゚△゚;)Σ(゚△゚lll)Σ(゚д゚lll)
※画像クリックで壁紙
【電動パンダと遭遇】2009年賀絵
「月森くん、パンダ! パンダ歩いてる!」
「そのようだな…」
「…月森くん、パンダだよ?」
「ああ、パンダだな?」
「月森くんテンション低〜い」
「君は相変わらずテンション高いな」
「パンダなのに…」
「異常事態には君のお陰で慣れてるんだ」
「えぅ」
「うおっ、パンダが歩いてる!Σ(゚д゚lll)」←登校中の土浦
「あ、土浦くんおはよー」
「おはよう」
「お前らこの異常事態はスルーするのか?!Σ(゚д゚lll)」

×Close window